carecare

自殺しない為にも

うつ病は、治療によって完治する病気です。

うつ病は、精神疾患のひとつです。 うつ病になると抑うつ状態となり、食欲の減退、睡眠障害、集中力の低下などの体調の変化が現れます。 症状が重体化した場合には、自殺してしまう場合もあります。 うつ病になる原因には、勤務先の人間関係や仕事のストレスのほか、離婚や子供の受験の失敗などの外的な要因から発症するものと考えられています。 うつ病は治療により完治することができる病気です。 うつ病の治療は、発症の原因となったものを休養やカウンセリングなどによって除去することから始まります。 うつ病の治療方法には、休養やカウンセリングなどと並行して薬物療法が行われる場合があります。 薬物によって、脳内の神経伝達物質を増加させ、脳を正常な状態に戻すことになります。

うつの状態の人に接する際には、相手の話をよく聞くことが重要です。

うつ病にかかる人の多くは、真面目で責任感の強い人といわれています。 うつ病の人と接する場合には、「がんばれ」などの励ましの言葉をかけると逆効果になります。 激励することによって、判断能力が低下している状態の真面目で責任感の強い患者を更に追いつめることになります。 うつ病の患者さんと接するには、まず病気の症状を知ることが重要です。 そのうえで、患者に病院に行くことや、休養するようにすすめることが重要です。 うつ病になった人の多くは、自分がうつ病の状態にあることを認めたがらない傾向にあります。 病気をよく理解した上で、相手の話をよく聞くなどして共感を持つことが重要です。 治療期間は長期間となる場合がありますので、うつ病の状態になっている人の味方であることを感じてもらうことが最も重要です。